Guest

Preview Tool

Cisco Bug: CSCut64257 - 2960X System clock gains xx hours after second reload

Last Modified

Aug 12, 2017

Products (150)

  • Cisco Catalyst 2960-X Series Switches
  • Cisco IE 2000-4T-G Industrial Ethernet Switch
  • Cisco Catalyst 3560X-48P-S Switch
  • Cisco Catalyst 2960X-48LPS-L Switch
  • Cisco Catalyst 3560X-48U-S Switch
  • Cisco Catalyst 2960X-24PS-L Switch
  • Cisco Embedded Service 2020 24TC NCP B Switch
  • Cisco Catalyst 2960C-8TC-S Switch
  • Cisco Embedded Service 2020 CON B Switch
  • Cisco IE 2000-16TC-G Industrial Ethernet Switch
View all products in Bug Search Tool Login Required

Known Affected Releases

15.2(2)E1

Description (partial)

Symptom:
local clock time gains some hours which configured clock timezone after reload.

Conditions:
configure clock timezone

Related Community Discussions

[Switch] Catalyst2960X/XR シリーズ時刻修正時の注意点
2016年1月21日(初版) TAC SR Collection 主な問題 タイムゾーン(clock timezone)が設定された状態で&quot;clock set&quot;コマンドにより時刻を変更した場合、 Catalyst2960X/XR シリーズにおいては再起動後に設定されたタイムゾーン分時刻がずれる現象が 確認されております。 原因 別の類似現象として、CSCuq71368、<key>CSCut64257</key>が報告されていました。 この類似現象は、Catalyst2960X/XRの再起動後に、タイムゾーン分の時間が ずれる現象として報告されていました。 この類似現象の修正済バージョン以降も、時刻を変更した場合には、それに続く再起動により、 時刻のずれが発生します。 この現象は Catalyst2960X/XR に固有の動作で、不具合ではなく仕様によるものとなります。 解決策 タイムゾーン設定がある条件で時刻変更を行う場合は、 再起動後の時刻ずれを防ぐ方法として以下の手順を推奨いたします。 1.一旦タイムゾーン設定を削除します。 2.UTC基準で時刻を変更します。 3.タイムゾーンを再設定します。 4.設定を保存します。 ...
Latest activity: Jan 21, 2016
Bug details contain sensitive information and therefore require a Cisco.com account to be viewed.

Bug Details Include

  • Full Description (including symptoms, conditions and workarounds)
  • Status
  • Severity
  • Known Fixed Releases
  • Related Community Discussions
  • Number of Related Support Cases
Bug information is viewable for customers and partners who have a service contract. Registered users can view up to 200 bugs per month without a service contract.