Guest

Preview Tool

Cisco Bug: CSCul73513 - Server-client clock not in sync after leap configuration

Last Modified

Oct 14, 2019

Products (21)

  • Cisco IOS
  • Cisco ASR 901-6CZ-F-D Router
  • Cisco ASR 901-6CZ-FS-D Router
  • Cisco ASR 901S-4SG-F-D Router
  • Cisco ME 3600X-24TS-M Switch
  • Cisco ASR 901-4C-FT-D Router
  • Cisco ASR 901S-2SG-F-AH Router
  • Cisco ASR 901S-2SG-F-D Router
  • Cisco ASR 901-6CZ-F-A Router
  • Cisco ASR 901-6CZ-FT-A Router
View all products in Bug Search Tool Login Required

Known Affected Releases

15.4(1)S0.10 15.4(1.16)S0.12 15.4(1.16)S0.5 15.4(2)S 15.4(2.14)S 15.4(2.17)S0.1 15.4(2.5)S 15.4(2.9)S

Description (partial)

Symptom:
There are periodic leap second events which can add or delete a second to global time. 

When the leap second update occurs the NTP client clock does not match with NTP server clock

Conditions:
The leap second update will be propagated via Network Time Protocol (NTP) only fromntp masters with GPS receivers or "ntp lead add" CLI configured in ntp master.

This is applicable to IOS XE platform only.

Related Community Discussions

IOS/IOS-XE ルータ製品における、うるう秒の対応について
うるう秒について 2017年1月1日にうるう秒の調整が実施されます。 日本標準時では、2017年1月1日の午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に8時59分60秒が追加されます。 ※うるう秒については、後述の補足を参照してください。   IOS/IOS-XE における うるう秒の対応 IOS/IOS-XE では、NTP の Leap Indicator(LI) による、うるう秒の追加・削除に対応しており、NTP serverから受信したLI bit が設定されたNTPパケットは正常に同期され8時59分59秒を2回繰り返します。   対象機器 Cisco800シリーズルータ Cisco1800/2800/3800 シリーズルータ Cisco1900/2900/3900/3900E シリーズルータ ISR4400/4300 シリーズルータ ASR900 シリーズルータ ASR1000 シリーズルータ CSR1000v シリーズルータ   影響 システムの時刻に一時的に1秒の誤差が発生しますが、トラフィックやルータ機能への影響はありません。 また、一部を除く上記の各ルータに対して以下のバグIDが登録されています。但し、不具合に該当している場合でも ...
Latest activity: Apr 20, 2018
Bug details contain sensitive information and therefore require a Cisco.com account to be viewed.

Bug Details Include

  • Full Description (including symptoms, conditions and workarounds)
  • Status
  • Severity
  • Known Fixed Releases
  • Related Community Discussions
  • Number of Related Support Cases
Bug information is viewable for customers and partners who have a service contract. Registered users can view up to 200 bugs per month without a service contract.